×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

春風に飛ばされて

Aメロ

朝もやに浮かぶ 君の背中 
追いかけようとして 足が止まる

夢と今が 重なるの
声にならない 重い音は

低く途切れたまま

Bメロ 

熱くなる喉に 痛くなる胸
気が付いたら 涙が零れて

景色が滲んでいた


サビ

君の笑顔手の平 言葉はいつも
この春のように優しくて 温かかった

もう一度触れたい なんて想いは
強い風で遠くへ 飛ばされるように 

ぱっと離した


Aメロ

夕もやに浮かぶ 君の影を
追いかけようとして 足を止める

夢と今が 繋がるの
声を呑み込み 重い息は

低く詰まったまま

Bメロ

消えかける勇気 厚くなる壁
気が付いたら 涙が零れて

名前を呼んでいたよ

サビ

君の笑顔と瞳 声はいつも
この春のように優しくて 心地よかった

もう二度と触れない なんて想いは
弱い風に何処かへ 飛ばされないよう

ぎゅっと掴んだ

―間奏―

Cメロ

心で叫んでも届かないこと知ってるけど
声に出してしまったら君を困らせる...

出来ないよ...怖いの近くなる距離が
大好きを閉じ込めて...

サビ

君の笑顔 手の平 言葉は いつも
この春のように 優しくて 温かかった

もう一度触れたい なんて想いは
強い風で遠くへ飛ばされるように 

ぱっと離した